スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大成功!MPプレゼンツ AKIRA セルフストーリーオペラ「Puzzle」
2008年12月13日
   札幌「Edit]にて、Mission Positive presents
AKIRA セルフストーリーオペラ「Puzzle]
   が、見事大成功の喝采とともに終了しました。

   このライブのために結成されたバンド「Do-not’s」の
   4人(AKIRA,、Johnny, nori,とーる)は
   前日12月12日に初めて顔を合わせ、8時間の強行リハーサルを行い 
   翌日に備えたと聞きました。

   当日、東京からの参加者(美雪、きよみ、MILK)を伴い、4時ごろに会場に到着すると、
   入り口でスタッフのakoから歓迎のハグを受ける!

ako,ako,ako~!!!

    akoは、この8月にいきなりジョニーから声をかけられ、札幌ライブのお手伝いを依頼さ
   れる。そうはいっても、akoはライブイベントの経験などない、ずぶの素人。
    ジョニーからそのライブイベントをやり遂げるだけのもろもろ能力を評価され、
   白羽の矢を当てられたとしても、akoにとってすべてが初めてであることに変わりが
   あるはずがない!

    しかし、akoは一人で黙々と走り始めた。
   もちろん、新聞社の麦ちゃんにフライヤーを作ってもらったり、東京MPの唯一の
   経験者であるmomoにチケットを作ってもらったり、申し込み窓口をしてもらったり
   ヘルプをもらいながら。

    akoは、毎日、この作業が楽しくて仕方ない・・と日々メールをよこしてくれた。
   プリンターを自腹で購入し、フライヤーを印刷して、配って歩いた。
    苦しいはずの作業を喜びに変えるノウハウを、いつしかakoは厳しかった生い立ちから
   学び取ってきたのかもしれない。

    そのうち、助っ人ミカが参入してきた。
   大きな車を力強く運転するミカの頼もしさを、ジョニーから聞いていた。
   
    二人は、札幌ライブに気合を入れるために、10月末の日光幾何楽堂のレラさんを
   招いたAKIRAライブに参加するために、自費でやってきた。
   しかしながら、その旅で、二人は札幌ライブにかける自分たちの思いを、再確認する
   場面に出くわし、立ち止まってしまう。

    誰しもみずからが動いて作り上げるイベントに、自分の思いを重ねたいのが
   当然であり、またそれでこそ、イベントに命が注ぎ込まれる。

    Mission positiveのひとつの大きな意義に、
   イベントはひとつのきっかけであり、ライブの当日までに起こる様々なことで
   必ず、普段の日常では得ることのできない何かに気づくことができる。
   そしてまたかかわった人にとって多くを学ぶチャンスでもある。

   そこには、一生物となる出会いもあったり、人生を変えるほどの有難い「大切な
   もの」に気づくことができるかもしれない。

   というのがあります。

    akoがミカが、気持ちをとりなおし、札幌イベント造りに戻ってきてくれることを
   静かに祈り続けました。

   そして二人は戻ってきてくれました。
   迷いや、ためらいはたくさんあったと思うけど。

   それからは、akoとミカは、双子のように何度も何度も逢瀬を重ねては、額を寄せ合い
   知恵を出し合い、集客に走りまわりました。

   akoは10歳の男の子、星太の母親でもあり、生活のリズムを崩すわけには行かない
   中、日中は仕事をしながら、可能な限りの時間とエネルギーのすべてを12月13日の
   ために集中させました。
   ミカは、akoをしっかり支えながら、力強く、一歩、一歩とライブの実現に向けて
   奔走しました。
   そして、ピアノのnoriに自分の部屋を札幌滞在の場所として提供してくれました!
   こうして二人は、プライベートな部分まで注ぎ込む形で協力をしてくれました。
   本当にありがとう!

   そして、ついに12月13日はやってきました。
   イベントを見事、大成功に導いた二人は
   みんなからの感謝とねぎらいの言葉のシャワーを浴びまくり、
   そして多くの友との出会いにも満たされながら、
   安堵感と幸福感に浸っていると思われます。

   本当に本当によく頑張ったと思います。
   そしてご苦労様でした。
   大成功、本当におめでとう!!!

   こんなにどこを切っても、大成功したイベントはあまりないと思う。

   そして、そのことを心から喜べるのは、やはりがんばった人。
   やった分、喜びもご褒美として、同じ量だけ戻ってくるんだよね。
   

   それから、当初、主催をやってもらう予定ながら、レラさんの日光イベントの準備やらで
   もろもろ忙しくて、あまり札幌にいられなかった
   二風谷と千葉を行き来しつつ、レラさんにお世話になりながらアイヌの伝統を
   学んでいるあおいちゃんは、東京MPのときと同じく物販の担当をしてくれました。
   また東京からきたメンバーは見知らぬ町札幌をあおいちゃんの車で案内してもらい、
   とっても助かりました。
   最後は美味しいおすし屋さんに案内してもらい、大感激!
   今、彼女のピアノの天才ぶりに目を見張り、その腕の成長にみんなが注目していま
   す。

   また、4月5日、7月5日と当初からMPのイベントにたずさわり、そもそもMP立ち上げの
   きっかけの人、momo。札幌在住。
   彼女の写真は、プロ級で、いつも魂(ソウル)を感じます。
   MPイベントの足跡をmomoの写真が記録してくれている限り、MPは熱い命を
   繋げて行ってくれる気がしています。
    momoは、今回はお母さんの突然の転倒による骨折入院で、あまりスタッフとして
   お手伝いができませんでしたが、チケット作りや、チケット申し込みの受付窓口を
   やってくれました。
   ライブの合間をみて、忙しいアキラさんやジョニーをはじめとして、きよみやMILKまで
   MPの仲間がmomoのお母さんのお見舞いに行けたことは、
   momoのお母さんにとって、MPの仲間が暖かい家族だということをお伝えできて、
   本当に良かったと喜んでいます。!
   そしてありがとう!

   momoのお母さんは嬉しくて泣いておられたそうです。
   そして何より、momo自身もひとりじゃない!って心強く思えた瞬間だったと思います。

   それぞれにとって、これから必ず来る厳しい逆風のときにも、きっとこの家族の輪で
   互いを支えあって、苦しみを分かち合い、ともに心暖かくして生きて行って欲しいと
   しみじみ思うのです。
   

   ジョニーは、AKIRAさんのセルフストーリーオペラをこの札幌の地で実現させる
   べく、またそれをMission positive presentsでやることに大いに意義を感じ、
   自らは本来出演者であり、演奏に集中したいのにもかかわらず、
   陰になり、日向になり、イベントの実現に向けて奔走してくれました。
   時にはふがいない誹謗中傷にも耐え、それでも涙をこらえながら
   初心貫徹の強い意思で思いを貫き通し、
   見事なまでにすばらしいスタッフを見出し、ここまで導ききり、
   これほどの大成功を招いてくれました!

   今回はパフォーマーとしても、完璧で、まさに大喝采でした!

   たった一回きりのリハーサルで、あそこまでの格好いいアレンジを
   成し遂げた「Do-not's」のメンバーのそれぞれの優秀さに脱帽!
   かなり集中したアキラさんの思いとリードがあったと想像されます。
   
   やる前にあちこちからいろいろ外野の声が聞こえてくるライブでもあったので
   アキラさんも、そしてメンバーにとっても、ちょっとピリピリムードのリハで
   あったのではないかと案じながら
   それでも、きっとアキラさんたちなら、みんなの期待を裏切らないはず!と
   ワクワク楽しみ具合も、相当に盛り上がっていたのも正直なところでした!

   そして、いよいよ始まったライブ。

   オープニングは、競演ののほほん工房の「ダメダメ団」のパフォーマンス。

   実は、彼らのCDを以前に志田さんからお借りして聞いていました。
   そのとき、本当に涙なしでは聞けないほどすばらしいのだけど、
   すばらしすぎる分、ちょっと重いところもあり、
   あまりしょっちゅう聞けるCDではありませんでした。

   ところが、今回は、音楽性、芸術性、そしてパフォーマンス性のレベルがだんぜんあ
   がっていて、思わず引き込まれ、聞きほれ、そして楽しませてもらっていました!

   すご~い!!!
   思わずパチパチパチパチパチ・・・と大喝采!!!

   このほのぼのした暖かいムードは
   きっと田中さんのみんなに対する深い愛情で裏打ちされているんだろうな・・・と
   後ろでやさしくギターを弾いているお姿を拝見しながら
   胸を熱くしていました。

   これからも、きっとなんらかの形で、のほほん工房の田中さん、そして仲間のみんな
   とも間違いなく繋がって行くのだと信じています。


   レゲエの世界の重鎮でおられるジャーヒロさんが、のほほんのスタッフでいらっしゃる
   ことも今回知りました。
   たくさんお話もできて、ジャーヒロさんの思いも、きっとMPの仲間に理解を得て
   広げていけると信じています。

   ジョニーさんのブログ
   http://ameblo.jp/johnnycat/entry-10180073858.html

   そして、いよいよAKIRAセルフストーリーオペラ[Puzzle]の幕が上がる。

   アキラさんは、このオペラをやる上で、自分の恥ずかしい裸身を太陽に
   さらすような切ない思いを経て、台本を書き上げたと言われているくらい
   今回のライブに気合を入れたそうです。

   そのアキラさんの熱い思いが、一気に口を切り、オープニングの曲が地響きのように
   会場を揺らしました。

   ジョニーのドラムは、本当にものを語っていました。叫んでいました。

   つられる様に、ピアノのnoriが、ためらいを振り切りました!

   今回初めてMPイベントに参加することになったとーる君が、
   可能な限りの種類のギターを披露しながら、
   アキラさんの歌に新鮮にカラフルに色を添えてくれていました!

   バンド「Do-not’s」が完成した瞬間を目撃しました!

   新しいアキラミュージック音が確実に出来上がっていました!

   こっちの世界、あっちの世界、たくさんの魂がお祭りのようにあの場に集合し
   それぞれの思いがパワーになって渦を巻いているかのように
   ものすごい不思議なパワーがぐおん、ぐおんとウネっていました。

   バンドの音も凄いのだけど、会場があそこまでスピリチュアルに
   揺れた凄いライブを経験したのは初めてでした。

   アキラさんのギターの弦、美雪のカメラ、ジョニーのドラム、momoのカメラ、
   いろんなものが、ありえない形で壊れました!

   しかしどの曲も、味わい深くアレンジされており、本当に楽しめました!
   
   アキラさんの日記  
   http://ameblo.jp/akiramania/entry-10178309200.html#main

   あっという間に、楽しい時間は過ぎ去り、会場はスタンデイングオベイション!
   横でスタッフのako,ミカ、momo,美雪などが飛び跳ね、
   大盛り上がりとともに、笑顔と涙の中で終焉を迎えました!

   AKIRAさん、ジョニーさん、noriちゃん、とーる君
   本当にすばらしい演奏をありがとうございました!

   遠路はるばるお越しいただいた多くの皆様、本当にありがとうございました!
   また、お手伝いいただいた多くの皆様本当にありがとうございました!

   スタッフ一同、この日の感激を決して忘れません。

   無事に楽しくイベントを終えることができたのも、本当に協力いただいた
   たくさんの方々の暖かいご協力のおかげです。

   実は、FM白石に出演させていただき、アキラオペラの宣伝をさせていただくこと
   また、PAや照明をお手伝いいただくことは聞いていました。
   それだけでも恐縮していたのに、太田さんに司会までしていただくとはつゆ知らず、
   驚き、本当に有難く、感謝申し上げます。
   いきなり、MPイベントのクオリテイがレベルアップしたようで、少しおもはゆく感じました。

   ラジオでお声だけ聞いていたパーソナリテイーの方と、直接お会いするのは、
   ちょっとしたドラマであり、嬉しい瞬間でした。
   そして全くイメージと異なったのも、楽しかったです。(笑)

   また、フードコーナーで、ドリンク、食べ物を担当してくださった「みんたる」の方々。
   ジョニーから素敵な方と聞いてはいましたが、オーナー様はじめ、スタッフの方々の
   本当に穏やかで、暖かい笑顔が忘れられません。
   カレーも美味しく、本当にありがとうございました!
   

   
   これからも、Mission positiveは、形を変えながら、もっともっと多くの方と
   繋がりながら、「大切なこと」に気づける何かを提案、そして実行しながら
   生きている喜びをともに分かち合えて行ける場をチャンスを作って行けたらいいなと
   心から思っています。

   次は何を・・・?
   と期待してください。

   MPはまだまだ始まったばかりです!

   ワクワク、どきどき・・・。
   
   一緒に
   手を繋ぎながら
   楽しく
   明日を生きて行きましょう!

   もう一人じゃないのだから。

   一人ではできないと思っていたことも
   MPは応援します!

   完璧でなくていい。
   完璧でないからいい。

   ふと胸をつく思いがあれば、
   それを形にして行きましょう!

   実行しようと思い立ったことがもう成功!

   やったもんがちです。
   やりさえすれば何とかなるし、あとはもう楽しい、楽しいばっかり!

   あと、みんなでやろうと思えば、多少のギスギスはあるよ。
   人間だもの。

   でも、間違いなくそれぞれに他の人にはできない役目はあるし
   どのピースがなくても、パズルは成立しない。

   自信を持って、自分のことを認めてあげよう。

   そしたら、誰かのことも、きっと理解ができて
   受け止められるよ。

   一歩歩き始めると、不思議なくらい、
   どんどん繋がっていくよ。

   まるで、すでに道ができていたかのように。

   そう、偶然なんてない。

   初めてなのに、懐かしい。

   そんな出会いを重ねて、手を繋いだら
   きっと、世の中は
   もう少しは、暖かくなると
   信じています。

   Misson positiveの今年は、この札幌ライブをもって
   暮れ行きました。

   みなさま、この一年、本当に本当に
   出会ってくれてありがとう!!!

   素敵な来年をまた一緒に暖かく迎えましょう。

   環樹
スポンサーサイト
Copyright © MISSION POSITIVE. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。