スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レポート第4弾
AKIRA 

NY,アテネ、フィレンツェ、マドリッドなど、10年ものあいだ、日本を離れ、アンディ・ウォーフォールに奨学金を貰い、アジア、中東、アフリカ、南米、東南アジア、キューバ、ジャマイカ、フィリピン、韓国など世界中を放浪し続け、画家、彫刻家、書道家、写真家、小説家、詩人、そしてミュージシャンなど、そのあまりに多彩な顔を見せる!


最近はミュージシャンとして大きく注目されており、日本中を駆け回り、年間200回に至るほどのライブをこなしている。求められれば、ギター一本抱えてどこにでも飛んで行く、そのフットワークの軽さは、さすがに旅の達人!


まるで天から降ってきた言葉を紡ぐように、AKIRAは、編集が追いつかないほど、次から次からへと曲を作り続け、そして運命のように生まれてきたおびただしい数々のAKIRAの歌は、その役目を果たすかのように、人生の苦境に立ちすくむ人々の胸に突き刺さって行きます。


「堂々とまちがえろ!」「人は幸せになるために生まれてきたんじゃなく、学ぶために生まれてきたんだ!」「胸をはって傷つけ!」

AKIRAの歌には、数々の意表をつく名言が隠れており、ライブ会場ではいつも老若男女ほぼすべての人が恥ずかしげもなく号泣するのです。

頑張って生きている自分を、AKIRAだけはそのままでいいと褒め称えてくれる。だめで自己嫌悪に陥っている自分をAKIRAだけは、生まれきたことを祝福してくれる。ぼろぼろに壊れかけた家族が、AKIRAの歌を聞いてその大切さに目覚めひとつになる。
もって生まれた障害を嘆いていると、AKIRAは人として最高の位の人だからこそ乗り越えられるとリスペクトする。

障害者施設、幼稚園、地域の集まり、学校などなど行く先々で、AKIRAの歌にのって人々が踊りだす。AKIRAの出版した複数の旅の面白さに、自由さに触発されて旅に出た若者がどれだけいることか。


AKIRAの風体は、ドレッドヘアにいつもユニークでおしゃれな帽子を被り、アンデイ・ウォフォールを髣髴(ほうふつ)とさせるカラフルでNYモダンなアーテイスト風の衣装を身にまとっています。


AKIRAの歌を聞くと、AKIRAに会うと、今まで自分をがんじがらめに縛り付けていた既成概念が、するりとほどけていき、自分のダメな部分や失敗は決してマイナスではなかったとほろりと気がつく。そうすると次は自分の中のキラキラした部分を自分で認めてやれるようになる。そうして、自分を救ってあげれる。いつしか自分が好きになれる。

AKIRAに触発されて、人生の目的地を大きく変えて舵を切った人がたくさんいます。
そして美しい瞳を輝かせて、周りの人々を巻き込んで世の中の色を変えて行っています。


AKIRAは、ほぼ毎日日本中を飛び回りながら歌を歌い、一日5000件ものアクセス数のあるHPの日記を、丁寧に、丁寧にライブのレポートしながら、関係者に感謝しながら日々更新して行く様は、まるで修行僧のようで思わず頭が下がります。




スポンサーサイト
レポート第3弾


海月光 (うみづきひかる)


そう、初めて彼女のライブを見た瞬間、記憶がン十年か昔にきゅーんと逆行しました。

あまり若い人には縁がないかもしれませんが、ヒッピー文化が時代の価値観を大きく変化させようとしていた当時、多くの新しいアーテイストが誕生しました。


中でも、そのパワフルで、刺激的で、破天荒な女性ボーカリスト、ジャニス・ジョプリンのパフォーマンスに魅せられていた人は多いはずです。この世の無常をはかなむように、ジャニスは髪を振り乱し、しゃがれ声で、人々の心をつかむ歌をシャウトしていました。


しかし、、本当に残念なことに、その才能を十分に発揮できないまま、ジャニスはドラッグで自らの命を縮めてしまいました。
しかし、今でもそのジャニスを崇拝するファンはたくさんいます。
若いミュージシャンがジャニスの歌をカバーしているのを幾度かみたこともあるくらい、伝説的なシンガーです。


そう、海月光にそのジャニスのオーラを重ねて見たのです! 衝撃でした!
二度とジャニスのような歌手は出現しないと思っていたので、思わず手を合わせてその出会いに感謝したものです。


天才の出現です!

 
しかし、天才と褒め称えるには気の毒なほど、海月光は、生きている自分に嘆き、憎しみ、もてあまし、そんな自分から抜け出すために、歌を歌うというのです。
心に血を流しながら、歌を歌っているときだけが、自分を許せる。歌を歌っていないと息ができないともだえ苦しむのです。


歌を聞く前に、歌を歌い始めてしまったという。


生きにくさへの心の包帯が、たまたま音楽だったという。


かつてのどのジャンルにもあてはまらない、
「海月光」という音楽に触れたあなたは、
きっと、歌ってこんなものなのかも・・・と
彼女の心のマグマから、ドクドクと溢れ出て来る
真っ赤な、焼けるような言葉の、メロデイーの凄さに
ともに嗚咽しながら、共鳴せざるをえないことでしょう♪


刻々と日々歌の表情を変えて行く、オンタイムの海月光のスゴ歌を聞き逃すな!

海月光オフィシャルサイト
http://hikariumizuki.web.fc2.com/
オフィシャルブログ
http://hikariumiduki.blog100.fc2.com/
海月光コミュニティ(嬉!)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3919778
海月光 My Space
http://www.myspace.com/hikariumizuki

私が会長を務める「全日本NEKURA協会」のコミュニティも運営いたしております。
あくまで個人的な団体ですが、ネクラでしたらぜひ。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3582751

※ワンマンライブ、いたす!↓
2009年6月6日(土)東中野プリズン・トーキョー
shinizoko girl the final
海月光ワンマンライブ「皆さん、サヨウナラ。」
open18:00start19:00
チケット前売り2000円当日2500円(ドリンク別)

前売りチケット一般発売
09/3/23 東中野プリズン・トーキョーの特設ページよりメール予約受付中。
前売りチケット予約・お問い合わせ→live@prison-tokyo.net




本間章浩: http://mblog.excite.co.jp/user/honmaaki/ 


本間という名前を聞いて、ぴんとくる方がいるかもしれませんが、そうです。
本間章浩さんは店長ミッチの実のお兄さんです。


肝いりのロックンローラーであるお兄さんは、日本には稀なホンモノ!
ホンモノのロックンローラーは、こんなにもしなやかで、穏やかで、やさしいことをあらためて思い知らされます。


彼の声や詩やメロデイーのナチュラルなのびやかさが、宇宙や、動物が駆け巡る荒野を描いたような映画をバックに雄大に流れる音楽をイメージさせます。


奏でるギターの音も、彼の人間性を伝えるように、丁寧で、繊細に風を切り、それは味わい深いものです。


彼の作品の中で特におすすめの曲「Live-リブ-」から


草原を駆け巡る 白い馬を夢見
想いを馳せながら 夜空を見つめる
あの綺麗な月まで この羽を広げ
誰にも邪魔されず 飛んで行きたいよ
Looking for free
Only my mind wish
Looking for free
Only my mind wish

水のように美しい 透き通った瞳で
キミはボクを見つめて 何探してるの
濁りかけた心を 洗い流す力
キミはボクの瞳に与えてくれるの?
Looking for free
Only my mind wish
Looking for free
Only my mind wish

永遠に続いてく 魂はずっと
円を描いて 地球を回る
果てることのない 魂はずっと
円を描いて 地球を回る
愛と自由を求め さまよい歩いて
疲れ果てた ボク達は静かに消えるの
それでも心だけは 何かを掴もうと
悩み苦しみながら 叫び続けるの
Looking for free
Only my mind wish
Looking for free
Only my mind wish

永遠に続いてく 魂はずっと
円を描いて 地球を回る
果てることのない 魂はずっと
円を描いて 宇宙を回る
円を描いて ボクらを回る

初めてこの曲を聞いたとき、エアロスミスのステイーブン・タイラーの歌が耳に蘇りました。
ぜひ、このスケール感のある本間ワールドに浸ってみてください。
そして日本にも、こういうジェントルなロックンローラーがいることを誇りに思ってください♪


本間章浩は、まるでそれが定めであるかのように、ギター一本を抱えて、近々海外へと飛び出します!
永遠に続くかのように広がるグランドキャニオンの岩山と谷間。
空に突出した岩山の頂に、美しく一人楚々とたたずみ、夕日を浴びながらギターをかき鳴らして首を振り、liveを歌う本間章浩の姿が目に浮かびます♪


今回は、会場のお客さんから、テーマに沿って書いてもらった1フレーズずつを集めて、本間章浩が、即興で曲を作りますよ♪
乞うご期待
Copyright © MISSION POSITIVE. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。