スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事終了しました!
プリズントーキョー ミッチ飯 ミラ ネアリカ

5月30日、午後2時すぎに、予定より少し遅れ気味にスタートした
MIssion Positive Vol.7は、午後10時10分、ほぼ予定通りに無事に幕を閉じることができました。


光ちゃん IKKENさん キヨミ Daiくん AKIRA 本間兄弟

りほちゃん Johnny AKIRA みるく作品


引き続き、懇談会に入っていき、
朝まで楽しく、有意義に、出演者、観客の壁を越えて過ごせました。
たくさんのお客さんにお越しいただき、本当に心より感謝申し上げます。
出演者のみなさん、スタッフの方々、本当に素敵な時間をありがとうございました。

そして、みなさん、出会ってくれて本当にありがとう!!!


会場 乃'地帯 そークン vol.7 ネアリカ

今回のMssion Positiveは、気負いのない、やわらかい解放された自然な空気の中でするすると進行し、あっという間に時間が経って、いつしかラストのメインパフォーマンスであるAKIRAライブとなっていました。


それでも後半に入ると、通路がなくなり、人をかきわけないと前に進めないくらいのお客さんが会場の熱気を上昇させていました。

今回もイベント準備段階から、打ち上げて朝の始発で、最後の一人が去って行くまで。
スタッフ、出演者、お客さんたちとの間で、出会い、気づき、触発、などなど、会場のあちこちで、数々の素敵なドラマが生まれていました。



私環樹は、宴の終わった会場プリズントーキョーで、共同主催の店長ミッチとふたりぽつんと残って、しみじみ一日を振り返りました。
ほぼ電気を消した会場の暗いキッチンで、まだひとり若者がコトコトと何かあとかたずけをしている。
「もういいよ。ごくろうさん。」
いつもやさしいミッチは、今日はだいぶスタッフに目を吊り上げて大きな声出していたな・・。

「彼は、プリズンで一番のイケメン、鈴キラー。いい男でしょ。彼は教員免許を持っていて、先生になりたいの。でも、一度社会に出て働いたほうが、きっといい先生になれるって、こうして修行してるの。クラブの顧問になりたいんだって。えらいよね。今の若い子にも、こういう素敵な子がいるって、うれしいよね。」と、鈴キラーを見るミッチの目が細くやわらぎました。

今回のイベントの暖かさは、このミッチに支えられていたと、じみじみ思います。

ミッチ、本当にいろいろとありがとう!


外に出ると、夏の気配すら感じるさわやかな朝の光のなか、ふっと一年前にキックオフした
Mission Positive Vol.1の日の朝の匂いが顔をよぎって行きました。



当日のイベントの流れは、なんとメインの出演者であるAKIRAさんが、見事に詳細に10時間もかけて、日記でレポートをアップして下さいましたので、そちらをぜひぜひごらんください。
http://ameblo.jp/akiramania/


数々おきたドラマの詳細は、また随時アップしていきますので、お楽しみに・・・。


0530の写真/momo

準備~中休憩まで

第2部~打ち上げ終了まで。


今までの Vol.1、Vol.2、アートディ、AKIRAセルフストリーオペラ札幌 の記録写真は
こちらのブログに載せてあります。

Mission Positive momo photo
http://mpmomo.jugem.jp/


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © MISSION POSITIVE. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。