スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Vol.7 レポート
イベントレポートの前に・・・。

今回主催は、Mission Positive と ライヴハウス プリズントーキョーのミッチさんと共同主催という形で行われたこと。

 本当にありがとうございました。ミッチさん。


ミッチさんは、このMPの立ち上げの日
・・・・2008.04.5プリズントーキョーで行われたVol.1の時に、わたし達に言ってくれました。


いろんなライヴ、ミュージシャンを見ましたが、こんなにステージと観客との境目の無い空間は初めてだった と。

ステージに立つミュージシャンは、ステーシの上ではいい人でも、楽屋では全然違う人も多くて。
裏も見えてしまう立場の僕は、幻滅したことも多かったけれど。

 Mission Positive のみなさんは全然違う!

ライヴハウスの店長としてではなく、僕自身も本当に楽しませてもらいました。ありがとう!
と。

それを聞いて、わたしたちは「Mission Positive Vol.1」が成功したのだと、実感したのです。

それから別な場所で行われた7/5のVol.2も、忙しい合間をミッチさんは、観客として見に来てくださいました。

9/20行われたアートディのときは、打ち上げの会場としてプリズントーキョーさんを使わせていただき。
ミッチさんの歌も披露され。

 わたしたちは そう たぶん 初めての日から 仲間になっていたのです。

そんな経緯で。

この度のVol.7は、初心のあの日の感動を味わった場所で開催することが出来ました。

司会としても、ライヴハウスの店長としても、忙しく大変な一日な上に、出演者としても活躍してくださいました。

感謝とともに・・・これからもよろしくお願いします。

                 以上   Mission Positive 実行委員を代表して momoより


さてイベントレポートです!

ミッチ&びゅリホー

ミッチ!

 ミッチさん
 昨年秋に、ミッチさんのオリジナルは初めて見させていただいた。
 歌というか、詩が沁みる。
 もちろん上手い!!(だってカラオケの先生だったりもしたんだもの)

ぎょうざ

 餃子バンド・・・ぎょうざなのになんてかっこいいんだ!!
 すげーやられた。
 ロックも演歌もお手の物!
 餃子の皮にはなんでも包まれちゃうね!

びゅリホー

 川村いさびュリホーさん
 若くて元気!! 歌もしゃべりも個性的。
 ダメ話告白がすごかったー。
 音を楽しむことを知ってる人だなぁと感じる。
 すごく頭の回転が速い感じ。キラッとシャープだ。
 またの出演を望みます!

■PAPER☆PLAY'N(紙芝居) さん

ペーパープレイン

 伝統芸能としての紙芝居と。
 現代的なアレンジ(脚本息子さん 絵お母様)の融合。
 伝説にまつわるお話は、身近だけど気がつきにくい大切なことがテーマ。
 感迫る声の演技と、ふたりの掛け合いに、みんな釘付けになった。
 感動の拍手が沸きあがりました。

Johnny弾き語りコーナー

ジョニー

 いつもドラム&パーカッションでお馴染みの、Mission Positive Johnnyが。
 今回は、みなさまからのリクエストにお応えして、ギターと甘い歌声を披露!
 ドラムもパーカッションも、じつにやさしいけれど。
 歌声も優しさに満ちていました。
 AKIRAさんの歌も1曲披露・・・Johnnyワールドにみんなひきこまれました。

海月 光ちゃん

光

 ‘海月 光ちゃんはすごいよ!生で見なくてはダメだよ!’
  彼女に出会ったとき、主催の環樹はみんなに言いました。
 本当に、歌を聴いて、あんなに鳥肌たった事は滅多にない!!
 会場中が息をのんで、彼女の呼吸を感じたのです。
 彼女のこころの叫びは、言い訳もなく毒もなく。
 ただただ、真剣に自分と向き合って闘う、美しい姿だった。
 その華奢なカラタに溢れ出すパワーは、その場を圧倒しながらも。
 感動の波で会場中をひとつにしたのです!
 

本間 章浩さん

本間あきひろ

 はじめましてと挨拶したら、すごく控えめの優しい方で。
 化粧してステージで歌った時の姿とのギャップに驚く!!
 弾き語りなのに超ロックな男!!
 体中でほとばしる熱さの中で、みんな夢中になり、聞き入りました!
 実はプリズン店長ミッチさんの、実のお兄さん・・似てました^^

 この日、来場したお客様に一言ずつ書いてもらい
 その日に曲に仕上げて歌うという、すごい場が設けられました。
 『全ての言葉を全部入れました!』
 みんな‘自分の言葉’を噛みしめながら、歌に酔いしれました。


《第二部》MC:キヨミ

キヨミ

 Mission Positive Vol.2 の時の司会の大役を果たし。
 ふたたびキヨミが、Mission Positive のステージに花を添えました。
 べっぴん&チャイナドレスのお色気と
 何故かかわゆい天然ボケキャラで、今回も大人気を博しました♪

IKKEN(タップダンス)さん

IKKEN

 タップダンスって、生で見たことがありますか?
 みんな多分、ほとんどの人が無かったでしょう。
 タップダンスってこんなにすごいのー!?と。
 会場中を大いにざわめかしたIKKENさん!
 みんな迫力に度肝を抜かれてました・・・その「あり得ない」人体の動き!
 足だけでも迫力なんだけど、上半身だってものすごい!
 ギターとカホンのリズムに乗って、軽やかに踊り喝采を浴びました!!


■トーク(AKIRA,Johnny,ミッチ、Dai,環樹)
 
 残念ながら、このトークショーは時間が押してしまい、なくなってしまいました。
 この場を借りて、お詫び申し上げます。
 環樹の「ダメなわたし告白」が聞けなくて残念でしたね。

Daiのスライド、トークショー

だいしゃしん

 世界を放浪し、数々の危ない目に会いながらも。
 写真を撮る事で、さまざまな世界の現実と、人間の‘生きる姿’を。
 ありのままに・・しかし芸術的に・・映し出す写真家Daiさんの写真。
 今の主な撮影地はエチオピア。
 世界でも極貧なこの国を撮る気持ちは、写真を見ればかならず伝わってきます。
 命の尊さと、人間の笑顔のすばらしさをみんなで感じる感動の空間が
 Daiさんのトークとともに生まれました。

種まきピアニスト りほ♪ with Johnny

りほ

 りほ♪ちゃんは、島田伸介の店や「南ぬ風人まーちゃんバンド」とともに
 全国で年間200本のライブをおこなっている旅するピアニスト。
 最近は自分で作詞作曲したオリジナル曲を自ら歌ってソロ活動を開始。
 今回はそのソロで出演とという形になった。
 ‘種まきピアニスト’という名前は、音楽で種を撒くという意味。
 そのとおり・・・彼女の笑顔はあたたかい空気でその場をなごませ。
 幸せの種を音符の形で広げていった。
 この日、20分の音合わせリハだったのが信じられない、Johnnyさんとの競演はみごとだった。

AKIRAさん

あきら

 Mission Positive といえば、欠かせないAKIRAさんである。
 数々の個性溢れるアーティストたちの後。
 AKIRAワールドは、やさしく語りかけ。
 ともに祈り、天と踊る。
 会場中が、ひとつひとつの言葉を噛みしめる。
 そこには、それぞれの中に魂の鼓動と感動がひしめいていた。

 ソロで10曲・・・途中「米をとぐ」で突然‘米俵権三’なる人物が登場するサプライズも出現!

 その後with Johnny and  りほ♪ 

りほあきら  あきらじょに

 また新たなる世界が広がった!
 大興奮の中、踊りあり、涙あり、笑いあり。
 アンコールを含めて、15曲の中に様々なドラマが繰り広げられました!

■LIVE PAINT  みるく☆先生

みるしょ

 会場には沢山の書が飾られていた。
 それはすべて、書家みるく☆の作品である。
 彼女の華奢で個性的な可愛らしさとのギャップに、驚かれた方も多かっただろう。

みるく  みるくどらむ

 イベント開始早々から、Johnnyさんのドラムセットをライヴペインティング!

みるくぺいんと

 ご来場いただいたお客様に配られたみるくの指(くれよん)で書かれた絵とのコラボや。
 この日出演したミュージシャンの様々な音楽に五感をひろげ、みごとな絵が完成いたしました!


■ネアリカの展示&ワークショップ ミラ
 昨年秋に開催された、Mission Positive アートディで行われた『ネアリカコンテスト』の優勝者。
 ミラさんがMission Positive の一員として
 今回は作品展示と、みんなで作るネアリカワークショップが行われました。
 みんなの手で作り上げられていく、ネアリカの表情の変化に。
 ミラさん自身も驚きと感激を隠せませんでした!
vol.7 ネアリカ クリックで拡大

■ネアリカ展示
 天才ネアリカ作家 hiide 最高傑作 50号作品!
ひでねありか クリックで拡大

 色の魔術師 ネアリカ作家 sachiko
さちこねありか クリックで拡大

 Mission Positive 立ち上げから、そのすばらしい作品を展示公開してきたふたりのネアリカが
 今回も会場に彩りを添えました!

会場 クリックで拡大


■Mission Positive記録写真 momo
 Mission Positive の実行委員として立ち上げからずっと参加し、写真を撮り続けている
 札幌の写真家momoが、これまでのライヴ写真を、説明とともに展示しました。

プリズントーキョー クリックで拡大

 プリズントーキョーの入り口からの階段に並んだ写真は
 父親から受け継いだ古い一眼レフカメラで撮影されたもの。
 一枚一枚、マニュアルでピントを合わせ『瞬間を切り取った』写真はそのときの空気を感じさせ。
 来場者の目を引き、今回も大好評でした。

※今までの Vol.1、Vol.2、アートディ、AKIRAセルフストリーオペラ札幌 のデジカメ記録写真は
 こちらのブログに載せてあります。

 Mission Positive momo photo
  http://mpmomo.jugem.jp/


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © MISSION POSITIVE. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。